自分に合った秘書求人を探そう|募集要項の確認が重要

最新記事一覧

新たな世界に飛び込む

保育士

学校に通った方が楽

保育士は保育士資格という国家資格を持っていないとなる事が出来ません。この資格は、厚生労働省が指定している特定の大学や短大、専門学校などの施設を卒業すれば、無受験で得る事が出来ます。国家試験に合格さえすれば、特定の大学や短大に通っていなくても保育士になる事は可能です。しかし、保育士は子供を扱うという特殊性からか、国家試験の合格率が10%?20%と非常に低い水準です。もし、一般の社会人から保育士に転職したいと考えた場合には、独学で国家試験を受験するよりも、2年制の短大か専門学校に入る方が早くて効率的と言えます。また、転職する時に、ピアノを弾けないんだけど大丈夫かなと心配する人も多いでしょう。結論から言うとピアノの技術は必要です。大学などでは、ピアノを練習する時間が設けられているようですが、ピアニストのような協奏曲などの高難度な曲を弾く技術はもちろん必要ありません。必要なのは、ドレミの歌や童謡などの簡単でシンプルな曲だけなので心配無用です。転職して保育士の道に足を踏み入れるとなると、やはり将来性が心配ですよね。少子高齢化が進行する日本で、この先の数十年を無事に生活していけるのだろうかと不安を抱くのは当然の事です。この職業の需要は子供が減っているにも関わらず、都市部を中心に高まっています。何故なら、昔から保育士の多くは女性の為、どうしても結婚や出産で離職して、復職しないケースが存在します。復職に前向きになれない理由として、複雑化する保護者との関係性や賃金の安さが復職を阻んでいると考えられます。ですが、労働環境の改善を目的とした国を挙げての改革が進められているので、これから転職して保育士になろうとしている人達は、割と良い環境で働ける可能性があります。

Copyright© 2017 自分に合った秘書求人を探そう|募集要項の確認が重要 All Rights Reserved.